競技選手のマスク、、


のと里山街道をハーレーでドライブ
連休明けで車も人も少なく快適でした

日曜日のJBDF東部の競技ダンス大会がYouTubeでライブ放映されました
無観客で映像と解説、新しい試みに拍手です

日本中、コロナ騒動でダンスイベントが全て中止
ダンスが大好きな私としては、
最近、鍛え上げられた最高パフォーマンスが見られなくて寂しく感じてました
今回のイベントは、新しい競技のあり方の一つとしてとても参考になりました

競技の画像を見始めてすぐに嫌悪感に襲われました
競技選手がみなマスクをして踊り、表情が全くわからない
同じ顔した無表情なロボットがただ蠢いているように見えてきました
折角の無観客で、体調万全な選手が決まったパートナーとだけ接して踊るのだからマスクの必要があるのでしょうか、、、
世の中の風評被害を避けるためにマスク着用で競技するのでしょうか、、、
競技ダンスは激しいスポーツなのでマスクによる弊害もあると思います

私は今回、全くダンスを楽しめないまま最後まで見ることができませんでした、
競技ダンスは、音楽とともに全身を使って表現していく、足の先から手の指先まで
男女の表情までもが一つの芸術作品です
その芸術に感動したり、心地よさを感じます
タイムや点数で勝ち負けを決めるものではないので、、、

Peace of I ,Ogawa Jun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です