日本インターナショナルダンス選手権2019

6月8日、9日と日本武道館で日本インターナショナルダンス選手権が開催されました。

今年からWDCワールドスーパーシリーズとなり、海外選手がとても増えたので見ごたえがありました。

5月に全英選手権で活躍した選手達がフルパワーで踊る様子は、迫力満点!!

日本のトップが新幹線とすれば、世界トップクラスのダンスは、リニアモーターカーの様に静かな中から瞬時にフル加速する様は素晴らしいの一言です。

ジュニアの試合を見てて、この子達はどんなダンス人生を送るのかなってふと思いを巡らしてしまいました。

ジュニアやジュブナイルの子供たちを観察しだして15年以上
プロになった子もいれば海外に出た子も病気でリタイアした子もいましたね
カップルもどんどん入れ替わり凄い変化です。

控え室でジュニア出場の男の子達が集まって携帯ゲーム、女の子達は、お母さんがヘアメイクのチェック
出番が来ると男の子達が皆、自分の優勝宣言をして飛び出して行きました。
なんとも緊張することも無く、堂々と頼もしい限りです。

ダンスの素晴らしさを改めて実感した二日間でした。

【日本インター/プロスタンダード/結果】
優勝 Victor Fung・Anastasia Muravyeva
2位 Sergiu Rusu・Dorota Rusu
3位 橋本 剛・恩田 恵子
4位 浅村 慎太郎・遠山 恵美
5位 廣島 悠仁・石渡 ありさ
6位 小林 恒路・赤沼 美帆
7位 福田 裕一・エリザベス グレイ

【日本インター/プロラテンアメリカン/結果】
優勝 Riccardo Cocchi・Yulia Zagoruychenko
2位 Dorin Frecautanu・Marina Sergeeva
3位 Vladimir Litvinov・Olga Nikolaeva
4位 Sarunas Greblikas・Viktoria Horeva
5位 Sergey Gusev・Anastasia Usoltseva
6位 増田 大介・塚田 真美
7位 正谷 恒揮・齋藤 愛

Peace of I, Ogawa Jun