名古屋インター


名古屋インターナショナルダンス選手権が愛知県武道館で開催されました。
私は、今回も採点管理のお仕事をさせていただいております。

名古屋インターの良さは、海外の選手の気迫のこもったダンスを間近に見られる事、
日本インターでは選手と観客の距離がありますが、名古屋は近い!!
選手の表情が直に伝わってきます。

今回も感じた事を書いてみます

日本選手は、とても上手いのですが必死さばかりが伝わってきます
複雑な動きも、難しい動きも実に上手くこなす
さすがトッププロ
しかし、それだけ、、、

海外の選手は、全く空気感が違います
暖かさを感じたり、清々しさ、二人のつながり
音楽の雰囲気、エネルギーの交流、などなど

日本選手は踊る、海外選手は感じて伝えるのかな

予選ごとに音楽が変わる、種目が変わる
その都度、瞬時に感じたことを表現する

自分がどう感じたか、どんなイメージか
同じステップでも、どんな気持ちで臨むかによって全く違う作品になります

ステップや技術は、その感じたこと伝えたいことを表現する道具にすぎません
道具は絶えず磨いていかなければなりませんが、
目的がはっきりしないダンスは、やはり観客や審査員には響かないのでしょう

私が物事に向き合う時、最も大切にしていること
自分は何をしたいの? 何が目的なの?

中部も新旧交代の時期にきていると実感しました。

Peace of I , Ogawa Jun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です